「インゴシマ」はどこで読める 全巻無料で読む方法やアプリraw情報

インゴシマのコミック第1巻&2巻の表紙

マンガボックスで連載の『インゴシマ』は、不時着した未知の島で繰り広げられるサバイバルホラーの人気漫画です。

今回はインゴシマの最新刊や全巻がどこで読めるか&無料で読めるのかについて、様々な方法を紹介していきましょう💡

結論から述べると、漫画の「インゴシマ」はコミックシーモアで配信されているので、お手軽に「地獄楽」を読みたいならコミックシーモアで読めます↓
 
\ 💡初めてなら70%クーポンもらえます♪
特に初めて使う人なら70%OFFクーポンを利用できるのでかなりお得に読むことが出来るのでお勧めです🎵




『インゴシマ』全巻の冒頭なら無料で試し読みできる

インゴシマの電子書籍であれば各ストアで「試し読み」という形でダタで読むことができるので、冒頭ならお金を払わずに読むことができますよ↓

【インゴシマの各巻の無料試し読み】

第1巻
(2018/06/25発売)
第2巻
(2018/06/25発売)
第3巻
(2018/09/25発売)
インゴシマのコミック第1巻の表紙
第1巻試し読みへ
インゴシマのコミック第2巻の表紙
第2巻試し読みへ
インゴシマのコミック第3巻の表紙
第3巻試し読みへ
第1巻のあらすじを開く

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。流れ着いた海図にない島―― そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第2巻のあらすじを開く

座礁した客船にたどり着いた啓太たち。そこにも色濃く刻まれた「シマビト」の襲撃の跡におびえながら、炎がくすぶる船内の探索を始めていく。一方、洞窟で啓太たちの帰りを待つ一行は渇きに苦しんでいた。シマビトから受けた傷をもとに高熱を出した橘にさえ、飲ませる水がない。焦りを深めるさくら。甲斐谷は市原を洞窟の奥に誘う。水源があるはずだ――そう語る甲斐谷の目には、暗い淫虐の色が浮かんでいるのだった。誰が正常で、誰が異常なのか――その境界線を引くのは誰なのか。昨日までの日常が目の前の非日常に侵食されていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第3巻のあらすじを開く

手持ちのデバイスを駆使して島の調査を始めた啓太。シマビトたちの狂った風習が少しずつ明らかにされていく中で、啓太は葵の居場所についても手掛かりを得る。そこに現れた、英語を話す女――アキラは、二年前にこの島に流されてきた生存者だった。無謀だと制止するアキラを説得し、葵の救出に向かう啓太。一方、囚われの身の葵は島の王ガモウの前に引き立てられ、その妻として迎え入れられてしまう。希望は人を救うのか――絶望の深さを際立たせるに過ぎないのか。正気と狂気の間で加速していく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第4巻
(2018/12/29発売)
第5巻
(2019/05/24発売)
第6巻
(2019/09/25発売)
インゴシマのコミック第4巻の表紙
第4巻試し読みへ
インゴシマのコミック第5巻の表紙
第5巻試し読みへ
インゴシマのコミック第6巻の表紙
第6巻試し読みへ
第4巻のあらすじを開く

島の王ガモウの屋敷に連れて来られた葵を出迎えたのは、ガモウの妻のうちのひとり、大矢野桐花だった。自らも「流されてきた人間」だという桐花の口から語られる、島に漂着した人間の運命―― それは葵の想像を絶する過酷なものだった。一方、洞窟の奥で「何か」を見た高崎は別の場所へ移ることを強行するが、夜雨と満潮の影響で道を見誤る。さくらの体調が悪化したことを受け、朝まで岩陰で雨風をしのがざるを得なかった一行が昇ってきた陽の下に見たのは、岩礁に打ち上げられた一艘の救命ボートだった―― 積み重ねられてきた暴虐の歴史を裁ける者はあるのか―― 時そのものが判決を下すのか。生きようとする意志が互いの運命を絡め合う、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第5巻のあらすじを開く

無残な姿に成り果てた太一が残された力を振り絞るように語る、異形のシマビト「コリオ・インゴ」の残虐非道。怒りに衝き動かされた高崎は復讐の意志を固めるが、生き延びることが先決だと市原に諭される。啓太とアキラは合流を急ぐも、先に高崎たちを発見したのはコリオの手勢だった。一方、島における奴隷の身分「イヤツコ」に落とされた若林は、同じ立場にいる西洋人アレックスから脱出プランの話を聞き出す。アレックスは語る。リスクはあるがチャンスもある。飛び込めるか否かは、お前次第だ―― 荒ぶる運命の渦の中で、うねりに翻弄される者は闇に呑まれてしまうのか―― 希望を紡ぐ者を照らす光はあるのか。選択の重みそのものが生死を選り分けていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第6巻のあらすじを開く

漂着直後の「ギシキ」で生贄に選ばれなかった茜・加奈・薫子の三名は、薬草による陶酔の中、シマビトたちに凌辱の限りを尽くされる。ようやく男たちの手から解放され、朦朧とした意識のまま粗末な牢獄に放り込まれた薫子の耳に届いたのは、さらに過酷な運命が自らを待ち受けていることを告げる乾いた声だった。 一方、奴隷身分「イヤツコ」の集落に身を潜めている若林は、島の王・ガモウが集落を訪問するのを見る。ガモウの腹心の部下「ジウベエ」が告げたのは「エギ」の開催。それこそが、アレックスが待ち侘びていた、脱出につながる唯一にして絶好の機会だった―― 生そのものに普遍的な価値があるのか―― 死こそが業苦を逃れるために通過すべき門なのか。論理と倫理がそれぞれの形で裏返されていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第7巻
(2020/01/24発売)
第8巻
(2020/06/11発売)
第9巻
(2020/11/25発売)
インゴシマのコミック第7巻の表紙
第7巻試し読みへ
インゴシマのコミック第8巻の表紙
第8巻試し読みへ
インゴシマのコミック第9巻の表紙
第9巻試し読みへ
第7巻のあらすじを開く

島からの脱出を狙うアレックスが待ち望んだ機会、「エギ・タイサイ」。その会場は島中のシマビトが集う大きな宴となっていた。ガモウに伴われて席に着いた葵が目にしたのは、見世物として裸の身で吊られる加奈と茜の姿だった。ガモウは決然と告げる。「弱者は弱者らしく、強者は強者らしく――それが道理だ」と。一方、参加者のひとりとして会場に足を踏み入れた若林は、島の論理に巻き込まれてしまった生徒たちを目の当たりにして自らの不甲斐なさに苛まれる。いよいよ幕を開ける「エギ・タイサイ」。参加者たちの眼前に現れたのは、アレックスが「死」と呼ぶ、異形の巨体だった―― 圧倒的な力こそが望みを叶えるための鍵なのか―― すべてを手に入れた者が宿すそれを力と呼ぶのか。血と執念の狭間で紡がれていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第8巻のあらすじを開く

辛くも「エギ・タイサイ」に勝利した若林とアレックス。死闘に興奮を煽られたジウベエが、狂気に瞳を歪ませて二人の前に現れる。華奢な身から漂う濃厚な血の匂いに、生き延びるための戦いは簡単には終わらないことを改めて悟る二人。一方、偵察のためにエギの会場に潜入していた啓太は、ガモウの横に見つけた葵に思わず呼びかけてしまう。絶対に助ける、そう叫んだ啓太の脳裏に、嵐までのタイムリミットが迫っていることを予感させる「ビジョン」が浮かぶ―― 希望を繋ぎ止めるための恭順ならば呑み込めるのか―― 隷属を否定した先にのみ見える隘路をあくまでも行くのか。生の形そのものが表と裏から運命に試されていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第9巻のあらすじを開く

森の庵に暮らすマオモとマイルの元で不思議な共同生活を始めたまんじゅうとサイコ。マイルが「カタキを取る」と誓って手を合わせるのは、かつてガモウから理不尽な死を強要された父親の遺影だった。一方、アキラの洞窟に戻り、偵察から得られた情報を高崎たちに知らせる啓太。加奈と茜は若林とともに生きていた。そして葵も、島の王ガモウの「ヨメ」として命を繋いでいた。赤城はエギの会場で確かに薫子を見たという。その全員を連れ戻すために、立案した作戦を説明する啓太。力を貸して欲しい、必ずみんなで家に帰るんだ―― 迫りくる刻限が一筋の希望すら押し潰してしまうのか―― 僅かな可能性にでも賭けるその意志が切り開く時間をこそ明日と呼ぶのか。時とともに流れていく血と運命が綴る、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第10巻
(2021/04/23発売)
第11巻
(2021/09/24発売)
第12巻
(2022/01/25発売)
インゴシマのコミック第10巻の表紙
第10巻試し読みへ
インゴシマのコミック第11巻の表紙
第11巻試し読みへ
インゴシマのコミック第12巻の表紙
第12巻試し読みへ
第10巻のあらすじを開く

脱出のためのタイムリミットが迫る中、アキラはアレックスを探していた。熱狂する観衆の前で闘技の「勝者」と讃えられた男をあえて殺すことはしないはず。アレックスはまだ生きている―― その確信を胸に、アキラは島の中心部へと潜入していく。一方、足を痛めた葵を背負って懸命に走る啓太だったが、あと数歩で森に逃げ込めるというところで、ガモウが二人の前に立ちはだかる。「ヨメゴ」を返せと迫るガモウに、啓太は自分の覚悟を言葉にして返す。葵はお前なんかに渡さない――人が他者を求める感情の根源に横たわる暗く温かなものを愛と呼ぶのか―― 極限の状況で蠢き出す本能の働きを愛と錯覚する甘さこそが人たる所以なのか。信じる絆がそれぞれの形に編み込まれていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第11巻のあらすじを開く

ガモウと対峙する危機的な状況をマイルに救われた啓太と葵。運ばれた先の森の庵でまんじゅう・サイコと再会を果たした啓太は、庵の主・マオモから衝撃的な話を聞かされる。島から出る方法はある。ただし、それは「嵐の到来を待って船を出す」やり方ではない―― アキラの計画の失敗を悟り、庵を飛び出していく啓太。一方、島の「ツワモノ」として、嵐に運ばれてくる「オメグミ」の収穫を指揮するアレックスは、シマビトの人員を局所的に集中させることによりアキラが脱出するための間隙を作ろうと企む。生きて島を出た彼女が、米海軍の艦隊とともに戻ってくることを信じて―― 暗闇に射す一筋の光を希望と信じて手を伸ばすのか―― その手が絶対に届かないと知った時の戦慄の鋭さこそが人を絶望させるのか。重ねてきた思惑が運命の波浪に弄ばれていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第12巻のあらすじを開く

嵐を利用したアキラの作戦は失敗に終わる。再び島に漂着した彼女は小早川とともに今回の「オメグミ」として捕らえられてしまった。船から放り出されていた陸を救出した啓太は、高崎、梨帆、さくらとの合流を果たし、マイルとともに改めてマオモの庵へと戻る。マオモが語る島からの脱出方法、「結界<ハザカイ>に縁<ムスビ>を与える」――その意味を解き明かすために。同じ頃、島の各地に散った吉ノ宮高校の生徒たちも生き残るために力を尽くしていた。「マジモノ」の煙に酩酊しながらも牢を出ることに成功した橘は、シマビトたちに陵辱されていた赤城を救い出す。一方、薫子は、自らの命と肉体を賭してガモウへと接近していく―― 砕け散った希望の欠片をさえ拾い集めることが未来に繋がるのか―― 古い執着を断ち切り新たな地平に飛び上がらんとするその跳躍をこそ希望と見るのか。瞬間ごとに運命の色が入れ替わっていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第13巻
(2022/07/25発売)
第14巻
(2022/10/26発売)
第15巻
(2023/03/24発売)
インゴシマのコミック第13巻の表紙
第13巻試し読みへ
インゴシマのコミック第14巻の表紙
第14巻試し読みへ
インゴシマのコミック第15巻の表紙
第15巻試し読みへ
第13巻のあらすじを開く

チオモによって進められるオメグミのセンベツ。今回のニエには小早川が選ばれてしまう。若林は小早川の救出のために動き出し、橘と赤城もそれに呼応する。その直後、姿を見せたガモウはセンベツの場を埋めた群衆に向かって宣言する。「此度のオメグミは我がヨメゴに非ず。娶りたくば、奪い合え」――一方、マオモの庵で、これまで得られた情報をもとに島からの脱出について推論を重ねる啓太たち。島を出るためには、島内に八つ存在するという禁足地<オソロシドコロ>で「カムの柱」に働きかけて「ブッコダマを起こす」必要があるという。だが、その方法は――? 曲がることのない意志が本来あるべき道を浮かび上がらせるのか―― 望むべくして望んだ針路を進む歩みの積み重ねをこそ意志と呼ぶべきなのか。押し寄せる非情の狭間に運命の炎が揺らめく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第14巻のあらすじを開く

オメグミの奪い合いに勝ち残ったガモウ腹心の「カンシ」たち。報酬として自らのヨメゴに迎えるべき女を指名することが許され、入札による「縁組」が進んでいく。囚われの身としてオメグミの立場に陥ったアキラを迷わず指名するアレックス。同じくアキラを指名した巨漢・ナーグォとの「競<セリ>」が始まる―― 一方、若林の小屋を出ることに成功した加奈と茜は、改めて島からの脱出のために動き始める。船が漂着した砂浜へ向かおうとする二人の前に現れたのは、梨帆を犯そうとしたところを高崎に咎められ消息を断っていた委員長・甲斐谷だった―― 肉体に宿す力こそが希望へと繋がる狭き門扉をこじ開ける最初の鍵となるのか―― 底の見えない絶望の断崖を飛び越える際に湧き起こるそれを漲らせることこそが肉体に与えられるべき最後の役回りなのか。肌を走る予感が未来を紡いでいく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第15巻のあらすじを開く

アレックス渾身の拳を跳ね返し「競<セリ>」に勝利したナーグォには、指名通りにアキラをヨメゴとして抱く権利が与えられた。ナーグォの人とは思えぬ肉体に思うがままに蹂躙されていく最愛のアキラの白い肌。血を吐く思いで耐え忍ぶアレックスだったが、アキラの涙を目にして決死の覚悟を固める。一瞬の隙を縫ってジウベエの刀を奪い、ナーグォの局部を一刀のもとに斬り落とすアレックス。激昂し「捕らえろ、殺せ」と叫ぶジウベエを静止させたのは、会場に響く五人の少女の歌声だった。一方、座礁したアキラのクルーザーを発見した啓太たち。啓太の読みは的中する。「シュウカク」で荒らされた船内に残されていたのは、シマビトたちの理解が及ばなかったガジェットと武器弾薬―― 五感の官能を走り抜ける刺激の先で花開く静寂の地平にこそ人は救われるのか――波一つ立たない穏やかな水面の境地にこそ咲き乱れる生命の歓びそのものが救いなのか。剥き出しの人間存在の輪郭を描き出していく、トライバル・サバイバル・ストーリー!単行本限定、大奥でセイナたちを待ち受ける「キヨメの儀」を描いた『インゴシマR・ハラエ』収録!

第16巻
(2023/06/26発売)
第17巻
(2023/11/30発売)
第18巻
(2024/03/31発売)
インゴシマのコミック第16巻の表紙
第16巻試し読みへ
インゴシマのコミック第17巻の表紙
第17巻試し読みへ
インゴシマのコミック第18巻の表紙
第18巻試し読みへ
第16巻のあらすじを開く

チオモの隊列を急襲した若林たち。赤城とともに奮闘し、小早川の救出を成功させた橘の胸中には、真剣で人を斬ることにためらいをなくしてしまった自分自身の変化を畏怖する感情が芽生えつつあった。チオモは殺さずに人質に取ることを決める若林。期せずして島の女王を手中に収めた三人は、チオモの慰み者にされていた相川とともに、啓太が飛ばすドローンに誘導され、葵や市原たちが待つ海沿いの拠点に辿り着く。一方、反旗を翻した「ツワモノ」の一行に母・チオモをさらわれたことを知ったガモウは激昂する。その怒りに同調しながらも、ガモウをミガトの務めに専心させるため、女王奪還の使命を自ら引き受けると名乗り出たのは―― ガモウが厚い信頼を寄せる男、副王<ガイナ>のシンジだった。いくつもの生命の火柱が重なり交錯するその一点にこそ絞り込まれた運命を見出すべきなのか―― 予め定められた地点へとそれぞれの魂を導いていく大いなる機構そのものを運命と呼ぶべきなのか。過去も未来も今この瞬間の表裏として織り込まれていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第17巻のあらすじを開く

啓太たちが乗っていた客船フリージアの船体の「半分」が太平洋上で発見された。ようやく飛び込んできた一報を受けて、吉ノ宮高校では緊急の記者会見が開かれる。だが、校長・宇野沢が伝える情報は、生徒たちの家族を失望させるものだった。発見された船体の中に乗員や乗客の姿は認められず、彼らの安否は依然として分からないままだという。要領を得ない説明に対して、一人の女性記者が宇野沢に噛み付く。彼女は自らを「伊吹七瀬」と名乗った── 一方、チオモの奪還を至上命令としたシンジの手勢が迫るマオモの庵で、啓太はその人質・チオモを用いた島からの脱出プランを説いていた。「王の母」はガモウに対する絶対的な切り札になると話す啓太だったが、そのプランはマイルによって即座に否定される。ガモウに対する「交渉」は「宣戦布告」と見なされる、皆殺しにされて終わりだ…そう怒るマイルに、啓太はひとつの策があると切り出す。揺れ動きながら交錯する復数の目線が偶然の連続の中で一致するその一瞬にこそ真実はあるのか──傑出した一つが全ての目線を断絶させた後に立ち現れる水平な世界をこそ真実と名付けるべきなのか。生きるための熱の軌跡が螺旋状に絡み合う、トライバル・サバイバル・ストーリー!

第18巻のあらすじを開く

再び甲斐谷による凌辱の標的となってしまった加奈と茜を救うべく、ドローンを操る啓太からの指示を受け、高崎・橘とともに二人のもとへ急行する若林。手下のシマビトが一掃され、慌てて命乞いと自己弁護を始める甲斐谷をそっと抱き締めた若林は言うのだった。「甲斐谷、よく生き抜いた」── その頃、マオモの庵の一室で、赤城と小早川は二人だけの時間を過ごしていた。酒の酔いも手伝い、赤城に対する感情を抑えきれなくなる小早川。「あなたが学校に残ってくれて良かった」潤んだ瞳で見詰められる赤城もまた、小早川への想いを自覚していた。視線を絡ませた二人は、教師と生徒という立場の間に引かれた線を越えていく。決壊の時が近付いているという言葉にならない切迫の予感が、人と人の間に確かなものを取り結ばせるのか──心の間に通い合ったものの手応えと肌触りこそが、限界状況にあってもなお、人を人として立ち上がらせるのか。人間存在の輪郭に沿って感情と熱量が振り切れていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

漫画版「インゴシマ」はどこで読める?最新巻や無料で読む方法

『インゴシマ』は、電子書籍アプリ「マンガボックス」で連載されているサバイバルホラー作品の漫画です。(原作を天下雌子さん、作画を田中克樹さんが担当)

『インゴシマ』は修学旅行中に難破して謎の島に流れ着いた高校生たちのサバイバルを描いた作品です。

インゴシマのワンシーン2

この島には「シマビト」と呼ばれる野蛮な集団が住んでおり、彼らとの戦いが物語の中心となります。登場人物たちは、理不尽な暴力や極限の状況にさらされながらも、生き延びるために奮闘します。は漂流した謎の島を舞台とした、登場人物たちが極限状態で生き延びようと奮闘する姿が描かれており、緊張感あふれる展開が読者を引き込む要素となっています。

インゴシマのワンシーン4

「インゴシマ」コミックの最新巻は?何巻まで発売されているの?

『インゴシマ』のコミックは現在18巻まで発売(2024年時点)され第18巻が最新巻です。物語はまだ完結しておらず、今後も続きが予定されています。

最新巻である第18巻は2024年3月31日に発売されました。この巻では、甲斐谷による凌辱の標的となった加奈と茜を救うべく二人のもとへ急行するシーンから始まります。

漫画「インゴシマ」を読む6つの方法

結論から述べると、インゴシマを正規の方法で全巻無料で読むことは不可能です。

しかし、巻単位ではなく最新話など話単位であれば、一部の漫画アプリで無料で読めますし、最新話であればマンガボックス公式ページでも読むことが可能です。

また、「しっかり内容を読みたい」という場合には、各電子書籍ストアのキャンペーンを利用したり、中古やまとめ買いで大幅に割引された価格でインゴシマの作品全体を安く楽しむことが出来ます。

2024年時点で調べてみたところ、「インゴシマ」を読む方法は以下の6パターンがあります↓

インゴシマを全巻読む方法6つ
  1. 「マンガボックス」公式ウェブサイトで読む(部分的に無料で読める場合も)
  2. 電子書籍で読む(各巻毎に購入して読む/割引やセールで安く買える/最新刊も読める)
  3. マンガアプリで読む(部分的に無料で読める場合も)
  4. コミック(書籍)で購入して読む
  5. コミック(書籍)をレンタルして読む
  6. 違法アップロードサイト(非推奨)

インゴシマの最新話はどこで読める?どこで連載されている?

前述の通り現在”インゴシマ”の最新話はオンラインでも「マンガボックス」公式サイトで連載されているので、ネットで最新話を読むことも可能です。(第一話も無料で試し読み可能)

インゴシマの最新話はマンガボックスに掲載されているので読むことが可能

マンガボックスは、講談社が運営する電子書籍アプリで多くの漫画作品が連載されています。『インゴシマ』もその一つであり、アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでも読むことができる他最新話を無料で読むことも可能です。

参考:インゴシマのエピソード一覧(マンガボックス公式)

また、最新話に近い数話分はコミックの最新刊に収録されているため、コミック最新刊でかなり最新に近い内容を読むことが出来ますよ。

コミックは紙媒体だけでなく電子書籍版も販売されており、後述するように主要な電子書籍プラットフォームで購入または読むことが可能です。

【電子書籍で読む】インゴシマはどこで読める?全話読める電子書籍ストア一覧&比較

沢山のマンガコミック電子書籍ストアサービスがある

まずは定番のスマホやタブレットでも読める電子書籍ストアで「インゴシマ」を全話取り扱っているサービスは以下の通りです↓

【インゴシマを全話取り扱っている電子書籍ストアと使える無料・割引特典】

 

電子書籍ストア 「インゴシマ」取扱状況 使える割引や無料特典・キャンペーン
ebookjapanのロゴ(logo)_150 〇(取扱いあり) 初回登録で70%OFFクーポン×6回分
・毎週金土日はコミックウィークエンドで購入時に18~28%PayPay還元
・毎週金曜日に無料で読めるマンガが追加
・Softbank・Y!mobile利用者はPayPay還元率が優遇


作品ページ↓
「インゴシマ」

まんが王国のロゴ_150 〇(取扱いあり) ・毎日50%ポイント還元
・ポイント購入で最大30%のポイント還元
・ポイントを利用して購入すると最大20%のポイント還元
・月額で毎月ポイントを定期購入するプランもある


作品ページ↓
「インゴシマ」

Amebaマンガのロゴ_150 〇(取扱いあり) 初回登録で50%還元クーポン(100冊まで可)
・マンガを読むとポイントが貯まる(1pt=1円で使える)


作品ページ↓
「インゴシマ」

BookLive! 〇(取扱いあり) 初回登録で50%OFFクーポン
・コミック50%以上OFFになるセールも開催
・毎日引けるクーポンガチャ
・全作品50%OFFや20%OFFのシークレットクーポン


作品ページ↓
「インゴシマ」

コミックシーモア 〇(取扱いあり) ・単体購入以外にもレンタルや読み放題サービスもある
・「月額メニュー」の登録で最大20,000ポイント貰えるキャンペーンも


作品ページ↓
「インゴシマ」

dブック 〇(取扱いあり) ・初回登録で50%OFFクーポンが貰える
・dカード&dブックの利用でいつでも3%還元
・毎月10日/20日/月末は「dブックデー」で20%還元(要エントリー)


作品ページ↓
「インゴシマ」

DMMブックス 〇(取扱いあり) ・初回購入で使える90%OFFクーポンが貰える(回数無制限で上限2,000円)


作品ページ↓
「インゴシマ」

楽天kobo 〇(取扱いあり) ・100円購入につき楽天ポイントが1ポイント貯まる
・毎月1日開催の「ワンダフルデー」時はポイント還元率が3倍に
・定期的にお得なクーポンの配布(3,000円以上購入で20%OFF等)


作品ページ↓
「インゴシマ」

Amazon Kindle 〇(取扱いあり) ・初回無料会員登録で70%OFFクーポンを配布


作品ページ↓
「インゴシマ」

BOOK☆WALKER 〇(取扱いあり) ・初回購入金額の50%がコインに還元


作品ページ↓
「インゴシマ」

honto 〇(取扱いあり) ・無料会員登録で70%OFFクーポンを配布(値引上限2000円)


作品ページ↓
「インゴシマ」

「インゴシマ」を取り使っている電子書籍ストアは「eBookJapan」「Amebaマンガ」」「コミックシーモア」「まんが王国」「BookLive!」「dブック」「DMMブックス」「楽天kobo」「Amazon Kindle」「BOOK☆WALKER」「honto」が確認できました。かなり多いですね。

電子書籍でインゴシマを購入するならどこが安い?全巻購入時の割引率ランキング

「で、どこが一番安いの?」という人が殆どだと思うので実際に「インゴシマ」の2024年時点での18巻までを購入する場合の各電子書籍ストアの値引き後の価格を比較してみました。

前述した一覧表にも記載しましたが、電子書籍ストアは各サービスで異なるキャンペーンや割引、初回特典やセールを提供しているので、定価よもりお得に漫画を購入できるチャンスがあります。

また電子書籍の定価自体はどのストアで購入しても同じなので、主要なストアの割引率や特典、セールを比較し、一番安く購入できるサービスを選びたいところ。

という事で「インゴシマ」を取り扱っているストアのセールやクーポンでどこまで安く全巻購入できるのかを安い順に並べた結果はこんな感じになりました↓

【インゴシマを18巻までまとめて購入するなら 最安で購入できる電子書籍ストアの総額比較】

ストア 全18巻購入時&初回
定価 割引額 割引後の価格
Amebaマンガ 13、500円 -5,400円 8,100円
ebookjapan -1,575円 11,925円
dブック -600円 12,900円
コミックシーモア -525円 12,975円
まんが王国 -375円 13、125円

インゴシマで現在発売している18巻までをまとめ買いする場合、最も安く購入できるのが『Amebaマンガ』の「マンガどれでも100冊まで40%OFFクーポン」を使った場合という結果になりました。

100冊まで使える割引クーポンという事で、18巻までまとめ買いする場合には、2位に圧倒的な差を付けて最安で購入できるという結果になりました。

コミックをまとめ買いするならAmebaマンガが特に安いのでお勧めです↓

\ 💡初めてなら100冊まで40%OFFクーポンがウマ過ぎ♪ /

電子書籍サービスでインゴシマを読むメリット

電子書籍サービスを利用することで、自宅にいながらすぐに漫画を購入し読むことができ、物理的なスペースを取らずに多くの漫画を収納できる利点があります。

特に現時点で10巻以上発売されており巻数が多いインゴシマの場合、保管スペースや持ち運びがネックになりがちなので電子書籍と相性が良いです。

【電子書籍でインゴシマを読むメリット】
  • いつでもどこでもスマホで読める
  • スペースを取らない
  • 持ち運びが楽
  • 紙と違って劣化しない
  • 買いに行かなくていい
  • 不要になったら廃棄や売る手間もなし
  • 各コミックストアのセールや割引・ポイント還元キャンペーンで安く読める

また前述の通り各電子コミックストアの割引やセール・ポイント還元キャンペーンも豊富なので、よりコストを抑えて漫画を楽しむことが可能なのもメリットでしょう。

一回読みたいだけならレンタルの方が安い!インゴシマがレンタル可能なストア&サービス

という事でここまで「インゴシマ」の全巻を購入する前提で割引順にストアを解説しました。

が、そもそも「1回全巻を流し読みできればいいや」という方は、全巻を購入するよりもレンタルの方が遥かに安くてお勧めです。

以下はインゴシマのコミック(書籍&電子書籍)がレンタル可能なサービスとレンタル費用をまとめた一覧表です↓

【インゴシマがレンタル可能なサービス&レンタル費比較表】

レンタルストア 「インゴシマ」取扱 レンタル価格
DMMコミックレンタル(実物) ー (取扱いなし)
Renta!(電子書籍) 〇 (取扱いあり)
(作品ページへ)
レンタル(48時間)341ポイント×巻数
TSUTAYA宅配レンタル
(ツタヤディスカス)
-(取扱いなし)
TSUTAYA(実物/実店舗) 店舗在庫次第 90円/2泊3日

レンタルの取扱いがあるのはRenta!で1巻当たり購入時の半額の341ポイントで48時間レンタルで読むことが可能です。

「インゴシマ」を全巻中古で購入できる?

インゴシマの全巻を読むために更に安く入手方法として、全巻セットのコミック(書籍)を中古で購入するという方法もあります。中古のコミックに抵抗がない人であればかなり安く済ませることが可能なのでお勧めです。

特にインゴシマを全巻をまとめて集めている人は多く、書籍はスペースの関係で不要になる事もあるので、メルカリなどのセカンドハンズで販売しているかもしれません。

【中古品や新古品のインゴシマの販売や出品があるプラットフォーム】

販売プラットフォーム インゴシマ
メルカリ メルカリで探す
Yahooフリマ
(旧PayPayフリマ)
Yahooフリマで探す
Yahoo!オークション ヤフオクで探す
楽天ラクマ 楽天ラクマで探す

インゴシマの全巻セットやまとめ売りはメルカリ等のセカンドハンズで頻繁に出品されているので安くコミックを読みたいならお勧めの方法

特にインゴシマは様々なところで話題になっている人気作品という事で、各プラットフォームでもそれなりのまとめての出品が確認できました。

インゴシマの中古コミックを購入する注意点としては、やはり購入前に本の状態は確認しておきたいところです。

「インゴシマ」は違法サイト(漫画バンクや漫画raw)なら全巻無料?

また無料で作品を読む=漫画rawや漫画バンクなどの違法アップロードサイトを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、「インゴシマ」を漫画rawや漫画バンクなどの違法サイトで読むことは非常にリスクが高い行為です。

そもそもこれらの違法サイトでの閲覧は著作権法に違反するため、無料で読める場合でも法的な問題に直面する可能性があります。

違法サイトの使用はNG!罰金の可能性もある

海賊版サイトと言えば2018年頃に問題となって摘発された「漫画村」などの問題もあり、以降も類似の海賊版サイトが登場しては消えてを繰り返しています。

これらの違法アップロード・海賊版サイトによって、写真集・文芸書・専門書、ビジネスソフト、ゲーム、学術論文までさまざまな著作物にに被害を与えており、「漫画村」だけでも約3,000億円分もの出版物が無償で読まれたことで、漫画家・出版社の収入・売上は20%減にも上ると試算されています。

そんな緊急の事態に対応し、令和2年に著作権法が改正され、これらの海賊版サイトの対策のために規制を強化しています。

リーチサイト規制:令和2年10月1日より施行:
「公衆を侵害著作物等に殊更に誘導する」ウェブサイトやアプリ、「主として公衆による侵害著作物等の利用のために用いられる」ウェブサイトやアプリ(これを「リーチサイト」、「リーチアプリ」といいます(以下総称して「リーチサイト等」ということがあります)。113条2項1号・同2号)を規制するものです。

ダウンロード違法化:令和3年1月1日より施行:
著作権法は、私的に使用する目的で複製する行為を適法としていますが(30条1項)、改正前より、音楽・映像については違法にアップロードされた著作物のダウンロードが規制されていました(私的使用目的であっても違法とされ、刑事罰の対象となっていました)。令和2年著作権法改正は、この規制対象を、音楽・映像から著作物全般(漫画・書籍・論文・コンピュータプログラムなど)に拡大するものです(30条1項4号、同2項)。

令和2年10月1日より施行された「リーチサイト規制」では誘導するアプリやウェブサイトの規制が強化されており、アップロードするだけでなくそのサイトの運営側も規制されるようになりました。

そして令和3年1月1日より施行された「ダウンロード違法化」では、特に読む側視点で重要な「違法にアップロードされたことを知りながらダウンロードする場合」の法改正となっており、違法サイト=適法サイトに表示される「ABJマーク」の無いサイトからダウンロードする場合には、「2年以下の懲役」「200 万円以下の罰金(併科も可)」「親告罪」に問われる事になります。

さらに、これらのサイトからダウンロードしたファイルにはウイルスが含まれているリスクも高く、パソコンやスマートフォンのセキュリティを脅かすこともあります。安全かつ合法的に作品を楽しむためには、公式の購入やサブスクリプションサービスを利用しましょう。

漫画バンク・漫画rawは閉鎖中!後継サイトも次々に閉鎖

漫画バンクや漫画rawなどの違法ダウンロードサイトは、法的な圧力により次々に閉鎖されています。

これらのサイトの後継となるサイトも登場していますが同様の運命をたどることが多いです。違法サイトは常に閉鎖のリスクと隣り合わせであり、安定した漫画の供給源とはなり得ません。

そもそも無料で漫画を読むという行為は、人生を通して作品を書いている漫画家や出版社の努力を否定していることに他なりません。

もし軽い気持ちで「インゴシマを無料で読みたい」と考えているなら、小さい子供でもない限りはそれなりの対価が掛かる事を理解できると思います。

これらの違法アップロード・海賊版サイトは、作者の権利を侵害するだけでなく、漫画業界全体に損害を与えているため、今後の日本の漫画業界を衰退させる行為なので、正規の方法で作品を楽しむべきです。

「インゴシマ」の基本情報:あらすじと魅力

インゴシマのメインビジュアル

前述の通り『インゴシマ』は、天下雌子が原作を担当し、田中克樹が作画を担当しているサバイバルホラー系のコミックです。

物語は、高校生の一行が修学旅行中に嵐に遭遇し、無人島に漂着するところから始まります。この島には「シマビト」と呼ばれる謎の集団が住んでおり、彼らは極めて野蛮で、捕まった生徒たちを次々と捕獲し、過酷な運命に晒していきます。主人公たちは、この極限状況の中で生き延びるためにあらゆる手段を講じ、サバイバルを繰り広げることになります。

『インゴシマ』は、次々と迫りくる危機に対して主人公たちがどのように対応していくのかが描かれ、常にハラハラドキドキさせられる展開が続きます。不気味で謎に包まれたシマビトの恐怖に立ち向かう主人公たちの姿は、読者を引き込む強い引力があります。

インゴシマのワンシーン3

【インゴシマの作品情報】

書名: 「インゴシマ」
コミック巻数: 18巻まで発刊(2024/03/31発売)
連載誌: マンガボックス
「インゴシマ」マンガボックス公式サイト
出版社: マンガボックス
作者: 田中克樹 原案:天下雌子
カテゴリ: 青年マンガ
作品ジャンル: ダーク / バトル・アクション / ミステリー・サスペンス
ISBN: 4847068335
978-4847068331